Background

看護師の転職Tips

これで安心!履歴書の書き方

転職活動をする時、必ず必要になるのが「履歴書」です。 でも、「履歴書なんてしばらく書いていないから、どうやって書いたら良いかわからない」という方も多くいらっしゃるのではないでしょうか? そこで、このページでは履歴書の書き方を一つずつ見ていきます。 用意するもの:履歴書、黒色のボールペン(消えないタイプのもの)、写真 履歴書はパソコンで作成してもかまいません。手書きの場合、書き損じたときには修正ペンなどは使わず、最初から書き直しをしましょう。

 

基本情報欄の書き方

① 提出する日またはその前日の日付(郵送の場合は、投函する日)を記入します。西暦・和暦のどちらで書いてもかまいません。ただし、ほかの箇所(生年月日、学歴・職歴など)で記入する年号の書き方と統一するようにしましょう。 提出日よりかなり前の日付を書いた履歴書は、読む人に「ほかの病院にも出したのと同じ履歴書を持ってきたの?」と思われてしまうこともあり、印象があまり良くありません。

② 写真は面接時の服装と同じ、またはそれに近い服装で撮影したものを使いましょう。ご自身で撮影した写真やプリクラを使うのは避けましょう。 写真を貼るのは、履歴書を書き終えたあとです。はがれないよう、しっかり貼りましょう。万が一はがれてしまった時のことを考えて、写真裏面に自分の名前を書いておくとなお良いです。

③ 「ふりがな」とあればひらがなで、「フリガナ」とあればカタカナで記入します。

④ 住所は都道府県から記入し、マンション(アパート)名がある場合はそれも省略せず記入しましょう。

⑤ 電話番号は連絡がつきやすいものを記入します。携帯電話の番号でもかまいません。

看護師の学歴と職歴の書き方

① 学歴と職歴は分けて記入します。

② 学歴は中学校卒業以降の全ての学歴を記入します。高校は、「○○高校」と略して記入するのではなく「○○高等学校」と正式名称で記入しましょう。

③ 職歴はこれまでの全ての勤務経験を記入します。 ※学生時代のアルバイト経験などは記入する必要はありません。 勤務先の名称は省略せず書き、どのような業務(診療科や病棟/外来など)を行ったかも書きます。 また、看護職として働く前に一般企業等で働いたことがある人は、その職歴も忘れずに書きましょう。

④ 退職した理由は「一身上の都合」で問題ありません。

⑤ 現在も勤務中の場合は、「現在に至る」の一言を添えましょう。

⑥ 学歴・職歴とも書き終えたら、右端に「以上」と書きましょう。

看護師免許や志望理由の書き方

① 資格を取得した順に記入します。看護職に関わる資格(看護師免許、助産師免許、認定看護師など)はすべて記入します。 また、普通自動車運転免許などほかの資格も持っている場合は、それも書きましょう。

② 志望動機は必ず書きましょう。「なぜその病院(介護施設など)で働きたいのか」ということを前向きな内容で書きましょう。 このとき、「給与が高いため」や「勤務時間に融通がきくため」などの勤務条件に関することを書くのは避けましょう。勤務条件はもちろん大事ですが、そればかりに注目しているという印象を持たれてしまう可能性があります。

③ 現在のお住まいからの所要時間を書きます。転職が決まったあと引っ越す予定がある場合は、それを書くとより良いです。

④ 扶養家族の有無などで手当が変わる場合があるので、正確な情報を書きましょう。

⑤ Nsキャリアを通して転職活動を行っている場合、ご希望の条件などは担当コンサルタントが病院(介護施設等)側に伝えていますので、あえて書く必要はありません。また、コンサルタントに伝えていない希望を書くのは控えましょう。